elpa

Emacsで統計解析言語Rを使うためのパッケージESSのインストールと設定

ESS(Emacs Speaks Statistics)とは

Emacsで統計プログラミングやデータ分析をするためのモードです。
ここでは、統計解析言語Rを利用するための設定を行います。

インストール環境とソフトウェアのバージョン

  • OS:Debian Bullseye(testing)
  • ess:elpa-ess(18.10.2-1)

インストール

apt-get install elpa-ess

Emacsを再起動後、「M-x ess-version」とコマンドを打ち、バージョンが出てくるか確認します。

起動方法

「M-x R RET」と打つと、ワークディレクトリを入力するようにうながされるので入力します。

ESSの起動画面

パッケージ「elpa-elisp-slime-nav」のインストールと設定

これは何?

Emacs extension that provide Emacs Lisp code navigation elpa-elisp-slime-nav is an extension, that provides equivalents off ‘find-tag’ and ‘pop-tag’ functions for Emacs Lisp code, allowing one to navigate to definition/declaration of function, variable or macro.

環境とソフトのバージョン

  • OS:Debian(stretch)
  • Emacs:24.5.1
  • elpa-elisp-slime-nav:0.9-1

インストール

# apt-get install elpa-elisp-slime-nav

設定

(require 'elisp-slime-nav) ;; optional if installed via package.el
(dolist (hook '(emacs-lisp-mode-hook ielm-mode-hook))
  (add-hook hook 'turn-on-elisp-slime-nav-mode))