2013年 4月 の投稿一覧

パッケージシステムの設定

はじめに

Emacs24から簡単にEmacs Lispパッケージをインストールできる

新しいパッケージシステムが追加されました.

今回はその設定です.

インストール

package.elはEmacs24に同梱されています.

次にmelpa.elをインストールします.

以下のEmacs Lispコードを*scratch*バッファに貼り付け’C-x C-e’で評価してください.

しばらくすると’~/.emacs.d/elpa/melpa-0.3/’以下にインストールされます.

(progn
  (switch-to-buffer
    (url-retrieve-synchronously
      "https://raw.github.com/milkypostman/melpa/master/melpa.el"))
  (package-install-from-buffer  (package-buffer-info) 'single))

.emacsの設定

(require 'package)

; package-archivesに追加
(add-to-list 'package-archives '("melpa" . "http://melpa.milkbox.net/packages/") t)
(add-to-list 'package-archives '("marmalade" . "http://marmalade-repo.org/packages/"))

; 初期化
(package-initialize)

; melpa.el
(require 'melpa)

package.elのシンボリックリンクを作成

デレクトリ’~/.emacs.d/elpa’にpackage.elがないとエラーが出力されるので

シンボリックリンクを張りました.

cd ~/.emacs.d/elpa
ln -s /usr/share/emacs/24.3.50/lisp/emacs-lisp/package.elc package.el

使用方法

‘M-x package-list-packages’でパッケージリストを取得します.

あとは一覧から選んでインストールできます.

 

日本語でgrep検索する設定

はじめに

Emacsからもgrepコマンドで検索を行うことが可能です.

ここでは,主に日本語で検索できるようマルチリンガル

に対応したlgrepで検索する設定を紹介します.

.emacsの設定

(if (file-exists-p "/usr/bin/lgrep")
    (setq grep-command "lgrep -n ")
  )

使用方法

M-x grep RETとコマンド入力すると,ミニバッファに

Run grep (like this):lgrep -n

と表示されるので

Run grep (like this):lgrep -n grep-pattern files

のように入力します.

コーディングシステムを指定したい場合は,次のようなオプションが

必要です.

-A<coding-system>
Set all coding systems to coding-system.

-I<coding-system>
Set input coding system to coding-system.

-K<coding-system>
Set keyboard coding system to coding-system. If it is not set,
output coding system will be applied to it.

-O<coding-system>
Set output coding system to coding-system.

-P<coding-system>
Set pathname coding system to coding-system.

-D<coding-system>
Set default (fall-back) coding system to coding-system.

coding-system:
a: auto-select
c: iso-2022-cn
j: iso-2022-jp
k: iso-2022-kr
ec: euc-china
ej: euc-japan
ek: euc-korea
et: euc-taiwan
u7: UTF-7
u8: UTF-8
l1..9: iso-8859-1..9
l0: iso-8859-10
lb,ld,le,lf,lg: iso-8859-11,13,14,15,16
s: shift-jis
b: big5
h: HZ
r: raw mode

詳しくは,

man lgrep

してください.

検索履歴が保存されているので,’M-p’で後方に,’M-n’で前方に

辿ることができます.

検索した結果は,*grep*バッファに表示されます.

*grep*バッファに移動し’C-x `’で順に検索結果の該当行を表示します.

特にタグジャンプしたい行がある場合は,その行にカーソルを移動し,

‘C-c C-c’でその行の該当個所を表示します.

 

emacsclientによるアプリケーションとの連携

はじめに

シェルコマンドからEmacsを起動したり,

GUIからEmacsにファイルを開かせる方法です.

.emacsの設定

(require 'server)
     (unless (server-running-p) (server-start))

この設定で最初に起動したEmacsをサーバにします.

もし起動時にサーバが起動されていない場合,

自動的にサーバを起動します.

KDEでのファイル関連付けの設定

まず,スタートボタン⇒システム設定⇒ファイルの関連付け設定を開きます.

既知のタイプのtextをクリックするとファイルタイプが出てくるので

plainをクリックします.

次に,アプリケーションの優先順位で’Emacs Snapshot (client)’を

最上位にもってきます.

‘適用’ボタンをクリックします.

 

自動圧縮モードの設定

はじめに

foo.tar.gzやfoo.zipなど圧縮ファイルをdiredバッファから選択した場合,

その中身を見れる機能です.

.emacsの設定

(auto-compression-mode t)

通常のファイルと同様に圧縮ファイルを開くと,

そのまま展開してdiredでディレクトリ表示したようになります.

その中のファイルを開き,編集して保存することもできます.

個人用Infoディレクトリの設定

個人用Infoディレクトリを作成

mkdir ~/info

dirファイルを作成

以下の内容のファイルを作成します.

これは,”~/info”に入れているInfoファイルの構成を

記録しておくためのものです.

今回はskkのInfoファイルを入れておきます.

This is the file …/info/dir, which contains the
topmost node of the Info hierarchy, called (dir)Top.
The first time you invoke Info you start off looking at this node.

File: dir, Node: Top This is the top of the INFO tree

This (the Directory node) gives a menu of major topics.
Typing “q” exits, “?” lists all Info commands, “d” returns here,
“h” gives a primer for first-timers,
“mEmacs<Return>” visits the Emacs manual, etc.

In Emacs, you can click mouse button 2 on a menu item or cross reference
to select it.

* Menu:

Emacs
* SKK: (skk). Simple Kana to Kanji conversion program.

“~/.emacs”の設定

サイト全体のInfoよりも個人用のInfoを優先したい場合

(setq Info-directory-list
      (cons (expand-file-name "~/info") Info-directory-list ))

個人用のInfoよりもサイト全体のInfoを優先したい場合

(setq Info-directory-list
      (append Info-directory-list (list (expand-file-name "~/info"))))