2012年 9月 の投稿一覧

MewのSMTPサーバの設定 on Emacs24

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:24.2.50.1(emacs-snapshotをインストール)

Mew:7.0.50~6.5~rc2+0.20120405-1(mew-betaをインストール)

.emacsの設定

(autoload ‘mew “mew” nil t)
(autoload ‘mew-send “mew” nil t)

SMTPサーバの設定

以下はすべて.mew.elに書きます. Wanderlustの時と同じく,サーバはGmailです.

SMTP Server

(setq mew-smtp-server “smtp.gmail.com”)

SMTPのポート番号

(setq mew-smtp-port 25)

SMTP over SSLを使うので意味なし.

SMTP over SSLを使うか

(setq mew-smtp-ssl t)

SMTP over SSL のポート番号

(setq mew-smtp-ssl-port 465)

SMTP AUTH で利用されるアカウント名

(setq mew-smtp-user “hogehoge@gmail.com”)

ダミーアカウントです.

SMTP AUTH で利用する認証方式のリスト

(setq mew-smtp-auth-list ‘(“LOGIN” “CRAM-MD5” “PLAIN”))

3つ書いてありますが,Wanderlustの時調べたように,

サーバはLOGIN認証しか受け付けてくれません.

なので,一番左に書いておきます.

[Emacs]Wanderlustのドラフト設定

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

ドラフトの設定

デフォルトからの変更分のみです.

例のメアドはダミーです.

(setq wl-fcc “%[Gmail]/送信済みメール”)
(setq wl-fcc-force-as-read t)
(setq wl-bcc “hogehoge.backup@example.com”)
(setq wl-draft-folder “%[Gmail]/下書き”)
(setq wl-message-id-domain “hogehoge.example.com”)

コードの解説

(setq wl-fcc “%[Gmail]/送信済みメール”)

Folder Carbon Copyの設定.

設定された値をドラフトの `Fcc:’ として最初から挿入します.

(setq wl-fcc-force-as-read t)

Fccで保存したメールを既読にします.

(setq wl-bcc “hogehoge.backup@example.com”)

Web Mail Carbon Copyの設定.

設定された値をドラフトの `Bcc:’ として最初から挿入します.

(setq wl-draft-folder “%[Gmail]/下書き”)

ドラフトフォルダの設定です.

(setq wl-message-id-domain “hogehoge.example.com”)

Message-ID のドメインパートを強制的に指定します.

グローバルな IP アドレスを持たない場合など,

ドメインパートを決められない場合は,

一意な文字列(例えば,メールアドレスなど) を設定します.

Infoファイル

(wl-ja)Top > Draft > Variables of Draft Modeまで読了.

[Emacs]EmacsでXIMを無効にする方法

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

.Xresoucesの設定

Emacs*useXIM: false

を追加し,コマンドラインで

xrdb ~/.Xresouces

備考

これで,Gnome3ではEmacs上でXIMが無効化されましたが,

KDEでは以前 Gnome3からKDEへの変更 で書いたような設定が必要です.

KDEは.Xresoucesを読んでいないのでしょうか.

[Emacs]Wanderlustでhtmlメールを読む設定

 

mime-w3m.el

メッセージのhtmlパートを表示するのに必要なelパッケージです.

もし,w3m-elパッケージをインストールしていない場合は,

apt-get install w3m-el

でインストールします.

‘/usr/share/emacs/site-lisp/w3m’にmime-w3m.elがあるので

先頭のコメントどうりに,.emacsか.wlに

(require ‘mime-w3m)

を追記します.

Infoファイル

最後まで読了.

Emacs24 SnapshotをDebian wheezy(testing)にインストールする方法

 

emacs-snapshot Debian packages のページに説明は書いてありますが, ここでも手順を書いておきます.

キーをインポートします

$ wget -q -O – http://emacs.naquadah.org/key.gpg | sudo apt-key add –

/etc/apt-sources.listにスナップショットのリポジトリを加えます

deb http://emacs.naquadah.org/ unstable/
deb-src http://emacs.naquadah.org/ unstable/

wheezy(testing)ですが,testingの パッケージがないためunstableをインストールします.

パッケージデータベースをアップデートします.

$ sudo aptitude update

emacs-snapshotをインストールします

$ sudo aptitude install emacs-snapshot