awk-modeの設定とキーバインド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

awk-modeとは

AWKのコードを編集するためのメジャーモードです。

cc-modeで定義されています。

拡張子が.awkのファイルを開くと、自動的にawk-modeになります。

CCモードのバージョンを確認するには

「M-x c-version」と打ちます。

そうすると、ミニバッファに「Using CC Mode version 5.34.1」のように表示されます。

CC Mode共通の設定は、「c-mode-common-hook」というフックで設定し、awk-mode固有の設定は「awk-mode-hook」で設定します。

主なキーバインド

よく使うキーバインドを列挙します。

キーバインドコマンド説明
C-M-ac-awk-beginning-of-defun関数の最初にカーソルを移動
C-M-ec-awk-end-of-defun関数の最後にカーソルを移動
M-ac-beginning-of-statement文の最初にカーソルを移動
M-ec-end-of-statement文の最後にカーソルを移動
C-c C-ac-toggle-auto-newline特定の文字を入力すると自動的に改行を入れる
C-c C-ccomment-regionリージョンをコメントにする
C-c C-lc-toggle-electric-state特定の文字を入力すると自動的にインデントする
C-c C-qc-indent-defun関数をインデントする
C-c C-sc-show-syntactic-informationシンタックス情報を表示する
C-c C-zc-display-defun-name関数名を表示する
C-c .c-set-styleコーディングスタイルを設定する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。