twitter

[まとめ]Twitterクライアントtwittering-modeのリンク集

1 はじめに

Emacs上で動くTwitterクライアントtwittering-modeが便利なので
リンクをまとめてみました.

2 公式HP,ダウンロードなど

まずは公式サイトから.

Twittering-mode

ダウンロードはこちらから.

twittering-mode – Browse Files at SourceForge.net

GitHubレポジトリはこちら.

hayamiz/twittering-mode – GitHub

Emacs23でTwitterを使う

1 はじめに

emacsでtwitterをする方法を探していたところ,twittering-mode
というelispを見つけたのでそのインストールと設定をメモします.
Emacsのバージョンは23です.

2 インストール

2.1 load-path追加

/home/hogehoge/elisp以下にtwittering-mode-X.X.X.tar.gzを展開
したとすると
ディレクトリ/home/hogehoge/elisp/twittering-mode-X.X.X/
を.emacsに次の内容で追加する:

(add-to-list 'load-path "/home/hogehoge/elisp/twittering-mode-X.X.X")

2.2 SSL通信のためのソフトをインストールしておく

cURL、gnutls、opensslのどれか.今回はすでにインストール済だったため省略.

3 Emacsの設定

.emcsに以下の内容を追加する.

(require 'twittering-mode)

4 twittering-modeを起動

`M-x twit`を実行

ここで,自分のEmacsではbrowser-urlで開くか聞いてくるが,noを
選択し画面に表示されているURLをコピーしてfirefoxで認証ページ
を開いた.どうしてかEmacs-w3mでは認証ページを開けない.その
後,ミニバッファにPINコードを入力する.

認証に成功し,Twitterのタイムラインが表示された.

5 twittering-modeのカスタマイズ

認証済みaccess tokenをGnuPGで暗号化して保存する
(setq twittering-use-master-password t)

アイコン表示
(setq twittering-icon-mode t)

タイムラインを5分(300秒)間隔で更新
(setq twittering-timer-interval 300)

アイコン取得時の情報表示をデフォルトで抑制
(setq twittering-url-show-status nil)

アイコン画像を保存する
(setq twittering-use-icon-storage t)

全てのアイコンを保存する
(setq twittering-icon-storage-limit nil)

最初に開くタイムラインを設定する
(setq twittering-initial-timeline-spec-string
'(":replies"
":favorites"
":directmessages"
":home"))