MUA

[Emacs]Wanderlustのインストール

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

インストール

DebianでWanderlustの開発版をインストールします.

apt-get install wl-beta

SSL (Secure Socket Layer) の利用

‘/usr/share/doc/wl-beta/README.Debian’を読むと,

sslを利用するためにはgnutls-binとca-certificates

パッケージをインストールする必要があります.

‘/etc/emacs/site-start.d/65wl-beta.el’に

ssl-program-name変数にopensslのかわりにgnutls-cliが

ssl-program-arguments変数にverify certificatesが

設定されています.

以下が該当箇所です.

(setq ssl-program-name “gnutls-cli”)
(setq ssl-program-arguments
‘(“–port” service
“–x509cafile” “/etc/ssl/certs/ca-certificates.crt”
host))

gnutls-binとca-certificatesパッケージのインストール

すでにインストールされていましたが,コマンドは以下のとうりです.

apt-get install gnutls-bin ca-certificates

Infoファイル

Top > Start Me Up > Installまで読了.

[Emacs]Wanderlustの最小設定と送信設定

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

最小設定

以下の’autoload の設定’,’アイコンを置くディレクトリ’は

‘/etc/emacs/site-start.d/65wl-beta.el’にすでに設定が

書かれているので設定不要です.

autoload の設定

(autoload ‘wl “wl” “Wanderlust” t)
(autoload ‘wl-other-frame “wl” “Wanderlust on new frame.” t)
(autoload ‘wl-draft “wl-draft” “Write draft with Wanderlust.” t)

アイコンを置くディレクトリ

(setq wl-icon-directory “usr/share/pixmaps/wl“)

送信設定

ここでは,Gmailを使って送信するものとします.

その他のメール クライアントの設定 – Gmail ヘルプ を読み,

.wlに以下のような設定をします.

(setq wl-smtp-posting-server “smtp.gmail.com”)
(setq wl-smtp-posting-port 465)
(setq wl-smtp-posting-user “hoge.hoge@gmail.com”)
(setq wl-smtp-authenticate-type “login”)
(setq wl-smtp-connection-type ‘ssl)

Infoマニュアルを見ながらサーバとの接続をテストしてみました.

コードの解説をしてみます.

(setq wl-smtp-posting-server “smtp.gmail.com”)

メールを送信するSMTP サーバです.

(setq wl-smtp-posting-port 465)

メール送信時の SMTP ポート番号です.

port:465 とconnection type:’sslまたはport:587と

connection type:’starttlsの組合せが可能です.

ここでは最初からSSL通信する設定にしてみました.

(setq wl-smtp-posting-user “hoge.hoge@gmail.com”)

SMTP AUTHによる認証を行なうときのユーザ名です.

ダミーユーザです.

(setq wl-smtp-authenticate-type “login”)

SMTP AUTH による認証を行なうときの認証方式を文字列で指定します。

`cram-md5′, `digest-md5’はサーバから

‘No authentication mechanism available’と返され未サポート確認済です.

planは平文パスワードでloginはパスワードを符号化して送信します.

(setq wl-smtp-connection-type ‘ssl)

SMTP のコネクションをどのように張るか.

port:465を使うので’sslを指定しています.

`mail-user-agent’の設定

‘/etc/emacs/site-start.d/65wl-beta.el’には,

(autoload ‘wl-user-agent-compose “wl-draft” nil t)
(if (fboundp ‘define-mail-user-agent)
(define-mail-user-agent
‘wl-user-agent
‘wl-user-agent-compose
‘wl-draft-send
‘wl-draft-kill
‘mail-send-hook))

のように,WanderlustをEmacs上の標準メーラとして使う設定は

省かれています.もし,標準メーラとして使いたい場合は,

(if (boundp ‘mail-user-agent)
(setq mail-user-agent ‘wl-user-agent))
(if (boundp ‘read-mail-command)
(setq read-mail-command ‘wl))

という設定を.emacsに書く必要があります.

(‘/usr/share/doc/wl-beta/README.Debian’より)

Infoファイル

Top > Start Me Up > Minimal Settingsまで読了.

[Emacs]Wanderlustの受信(IMAP)設定

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

受信(IMAP)設定

.wlに以下の設定を書きます.(Gmailを利用する場合)

(setq elmo-imap4-default-user “hogehoge@gmail.com”)
(setq elmo-imap4-default-authenticate-type ‘clear)
(setq elmo-imap4-default-server “imap.gmail.com”)
(setq elmo-imap4-default-port 993)
(setq elmo-imap4-default-stream-type ‘ssl)

コードの解説をします.

(setq elmo-imap4-default-user “hogehoge@gmail.com”)

ユーザ名を設定します.

(setq elmo-imap4-default-authenticate-type ‘clear)

認証法を指定します.’clear以外の認証法

`cram-md5′ (CRAM-MD5 による認証)と

`digest-md5′ (DIGEST-MD5 による認証)はサーバ未対応.

`login’ (エンコードしてパスワードを送信)は

‘Authetication is failed byte-code:

Login failed: elmo-imap4-auth-login’ というエラーが返ってきます.

SSLでコネクションを張るので生パスワードでも大丈夫でしょう.

(setq elmo-imap4-default-server “imap.gmail.com”)

ホスト名を指定します.

(setq elmo-imap4-default-port 993)

ポート番号を指定します.

(setq elmo-imap4-default-stream-type ‘ssl)

IMAPのコネクションをどのように張るかを指定します.

[Emacs]Wanderlustの.foldersの設定

日本語メールボックス名の扱い(Modified UTF7)

infoファイルにはMule-UCSをインストールする必要があると書いてありますが,

.wlに

(setq elmo-imap4-use-modified-utf7 t)

と書けばIMAPの日本語メールボックス名を扱えるようになります.

.foldersの内容

%inbox “受信トレイ”
%[Gmail]/スター付き “スター付き”
%[Gmail]/重要 “重要”
%[Gmail]/送信済みメール “送信済みメール”
%[Gmail]/下書き “下書き”
旅行{
%旅行/京都 “京都”
}
%[Gmail]/すべてのメール “すべてのメール”
%[Gmail]/迷惑メール “迷惑メール”
%[Gmail]/ゴミ箱 “ゴミ箱”
%仕事 “仕事”
%領収書 “領収書”

コードの解説をします.

受信トレイの設定

受信トレイだけは’%受信トレイ’のように日本語で設定できず,’%inbox’と英語で設定します.

Gmail特有のフォルダ

スター付きや重要などは,’%[Gmail]/フォルダ名’で設定できます.

ラベル

%仕事のように’%ラベル名’で設定します.

親子関係にあるラベル

‘旅行/京都’のように旅行というラベルの下位に京都というラベルを作った場合,

‘%旅行/京都’のように指定します.上の設定では,旅行というグループの中に

そのフォルダを入れて開閉できるディレクトリのように見せてみました.

Infoファイル

(wl-ja)Top > Folder > Folder Managerまで読了.

[Emacs]Wanderlustのサマリモードの設定

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

サマリモードの設定

デフォルトから変更した設定.

(setq wl-auto-select-first t)
(setq wl-auto-select-next ‘skip-no-unread)
(setq wl-folder-move-cur-folder t)

コードの説明

(setq wl-auto-select-first t)

フォルダに移動した時に最初のメッセージを自動的に表示する.

(setq wl-auto-select-next ‘skip-no-unread)

サマリに未読メッセージがなくなった時の動作を指定.

スペースキーでひたすら読み進めたいので’skip-no-unreadを指定.

‘skip-no-unread:次の未読ありのフォルダに行くか尋ねる。

移動した先で未読がなくなった場合には、自動的に次のフォルダに行く。

(setq wl-folder-move-cur-folder t)

サマリで他のフォルダに移動するとフォル

ダモードでのカーソル位置も合わせて移動します。

Infoファイル

(wl-ja)Top > Summary > Variables of Summaryまで読了.

[Emacs]Wanderlustのメッセージバッファの設定

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

メッセージバッファの設定

デフォルトより変更した設定です.

(setq wl-message-window-size ‘(1 . 3))
(setq wl-message-ignored-field-list ‘( “^.*” ))
(setq wl-message-visible-field-list ‘(“^X-Face:” “^To:” “^Date:”
“^From:” “^Subject:” “^Cc:”
“^Replay-To:”))
(setq wl-message-sort-field-list ‘(“^Date:” “^From:” “^Subject:” “^To:” “^Cc:” “^Replay-To:”))

コードの解説

(setq wl-message-window-size ‘(1 . 3))

ウィンドウサイズをサマリ:メッセージ = 1:3の比にします.

(setq wl-message-ignored-field-list ‘( “^.*” ))

隠したいヘッダの設定です.

表示したいヘッダだけにしたいのでいったんすべて非表示にします.

(setq wl-message-visible-field-list ‘(“^X-Face:” “^To:” “^Date:” “^From:” “^Subject:” “^Cc:” “^Replay-To:”))

表示するヘッダの設定です.

上記’wl-message-ignored-field-list’ より優先されます.

(setq wl-message-sort-field-list ‘(“^Date:” “^From:” “^Subject:” “^To:” “^Cc:” “^Replay-To:”))

メッセージバッファに表示するヘッダフィールドの

順番を正規表現のリストで指定します.

Infoファイル

(wl-ja)Top > Messageまで読了.