変更ごとに再インデントするマイナーモードaggressive-indent-mode

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

aggressive-indent-modeはコードを常にインデントし続けるマイナーモードです。

コードをelectric-indent-modeより信頼できるようにしながら、変更ごとに再インデントします。

インストールする環境

OS:Debian testing(Buster) Emacsのバージョン:24.5.1 パッケージ名:elpa-aggressive-indent

elpa-aggressive-indentのインストール

Debianではelpa-aggressive-indentという名前になっていますので、これをインストールします。

# apt install elpa-aggressive-indent

elpa-aggressive-indentの設定

まず’.emacs’に以下のように書きます。

(require 'aggressive-indent)

明示的に設定する場合

特定のモードでアクティブにする場合は以下のように書きます。

(add-hook 'emacs-lisp-mode-hook #'aggressive-indent-mode)

これはEmacs Lispモードに設定するコードです。

すべてのモードで設定する場合

すべてのモードでアクティブにする場合は以下のように書きます。

(global-aggressive-indent-mode 1)

その中で例外的に適用したくないモードは例外として明示する必要があります。

(add-to-list 'aggressive-indent-excluded-modes 'html-mode)

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。