pyhon-modeのインストールと設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 概要

python-modeはPythonプログラムを編集、デバッグ、開発するEmacsのメジャーモードです。

2 環境

文書作成時のOS,ソフトウェアのバージョンは以下のとうりです。

OS:Debian buster(testing)
Emacs:25.2.2
pyhton3.7:3.7.0-1
python-mode:6.2.3-1

3 インストール

apt-get install python-mode

4 設定

4.1 python-mode

autoloadの設定は’/etc/emacs/site-start.d/50python-mode.el’でされているので各自の設定は不要です。

4.2 doctest-mode

autoloadの設定は’/etc/emacs/site-start.d/50python-mode.el’でされているので各自の設定は不要です。

4.3 company-pycomplete

補完入力はcompanyを使っているので

‘/usr/share/emacs/site-lisp/python-mode/completion/company-pycomplete.el’のCommentaryを参考に

(add-hook 'python-mode-hook
          '(lambda()
             (setq company-backends '((company-pycomplete)))
             )
          )

のように設定しました。

これは、python-modeのときだけ、companyのバックエンドをcompany-pycompleteに変更します。

4.4 pycomplete.py

‘/usr/share/pyshared/pycomplete.py’は

if sys.version_info[0] >= 3: # Python 3
    import io
else: # Python 2
    import StringIO

のように、Pythonのバージョンをチェックします。

よって、以下のようにして、自分が使うpythonのバージョンを最新の3.7にしました。

cd ~/bin
ln -s python3 python
ln -s /usr/bin/python3.7 python3

これは、’.bashrc’に

if [ -d "$HOME/bin" ] ; then
    PATH="$HOME/bin:$PATH"
fi

のような設定をしているため、’~/bin/python’をシステムの’/usr/bin/python’より優先してくれます。

5 カスタマイズ

5.1 python-mode

5.1.1 py-highlight-error-source-p

カスタマイズ変数’py-highlight-error-source-p(Default:nil)’を’t’に変更しました。

When py-execute-… commands raise an error, respective code in source-buffer will be highlighted. Default is nil.
M-x `py-remove-overlays-at-point’ removes that highlighting.

5.1.2 py-company-pycomplete-p

カスタマイズ変数’py-company-pycomplete-p(Default:nil)’をtに変更しました。

Load company-pycomplete stuff. Default is nil

5.1.3 py-tab-indents-region-p

カスタマイズ変数’py-tab-indents-region-p(Default:nil)’をtに変更しました。

When `t’ and first TAB doesn’t shift, indent-region is called.

5.1.4 py-verbose-p

カスタマイズ変数’py-verbose-p(Default:nil)’をtに変更しました。

If functions should report results.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。