補完入力フレームワークCompanyのインストールと設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1 概要

CompanyはEmacsのテキスト補完入力フレームワークです。

2 インストール環境とソフトウェアのバージョン

OS:Debian buster(testing)
Emacs:25.2.2
company.el:0.9.6

3 インストール

Debianではelpa-companyというパッケージになっているので、それをインストールします。

apt-get install elpa-company

4 設定

まず、設定ファイルには

(require 'company)

と書きます。

すべてのモードでcompany.elを有効にする場合は

(global-company-mode)

と書き、特定のモードだけ有効にする場合は

(add-hook 'python-mode-hook 'company-mode)

のように書きます。例はpython-modeで有効にする場合です。

5 キーバインディング

候補表示中の主なキー設定です。

  • M-n:次の候補選択
  • M-p:前の候補選択
  • C-g:候補選択中止
  • RET:候補選択
  • F1, C-h:docを別バッファに表示
  • C-w:定義場所を表示
  • C-s:候補検索
  • C-M-s:候補フィルタリング
  • [tab]:共通するprefixを挿入

6 カスタマイズ

次の候補選択は’C-n’で、前の候補選択は’C-p’で選びたいのと’C-h’は<backspace>にしているので

(define-key company-active-map (kbd "M-n") nil)
(define-key company-active-map (kbd "M-p") nil)
(define-key company-active-map (kbd "C-n") 'company-select-next)
(define-key company-active-map (kbd "C-p") 'company-select-previous)
(define-key company-active-map (kbd "C-h") nil)

とカスタマイズしました。

7 参考URL

emacsの補完用パッケージcompany-mode

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。