日本語でgrep検索する設定

LINEで送る
Pocket

はじめに

Emacsからもgrepコマンドで検索を行うことが可能です.

ここでは,主に日本語で検索できるようマルチリンガル

に対応したlgrepで検索する設定を紹介します.

.emacsの設定

(if (file-exists-p "/usr/bin/lgrep")
    (setq grep-command "lgrep -n ")
  )

使用方法

M-x grep RETとコマンド入力すると,ミニバッファに

Run grep (like this):lgrep -n

と表示されるので

Run grep (like this):lgrep -n grep-pattern files

のように入力します.

コーディングシステムを指定したい場合は,次のようなオプションが

必要です.

-A<coding-system>
Set all coding systems to coding-system.

-I<coding-system>
Set input coding system to coding-system.

-K<coding-system>
Set keyboard coding system to coding-system. If it is not set,
output coding system will be applied to it.

-O<coding-system>
Set output coding system to coding-system.

-P<coding-system>
Set pathname coding system to coding-system.

-D<coding-system>
Set default (fall-back) coding system to coding-system.

coding-system:
a: auto-select
c: iso-2022-cn
j: iso-2022-jp
k: iso-2022-kr
ec: euc-china
ej: euc-japan
ek: euc-korea
et: euc-taiwan
u7: UTF-7
u8: UTF-8
l1..9: iso-8859-1..9
l0: iso-8859-10
lb,ld,le,lf,lg: iso-8859-11,13,14,15,16
s: shift-jis
b: big5
h: HZ
r: raw mode

詳しくは,

man lgrep

してください.

検索履歴が保存されているので,’M-p’で後方に,’M-n’で前方に

辿ることができます.

検索した結果は,*grep*バッファに表示されます.

*grep*バッファに移動し’C-x `’で順に検索結果の該当行を表示します.

特にタグジャンプしたい行がある場合は,その行にカーソルを移動し,

‘C-c C-c’でその行の該当個所を表示します.

 

LINEで送る
Pocket

SNSでもご購読できます。