[Emacs]Wanderlustの最小設定と送信設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

最小設定

以下の’autoload の設定’,’アイコンを置くディレクトリ’は

‘/etc/emacs/site-start.d/65wl-beta.el’にすでに設定が

書かれているので設定不要です.

autoload の設定

(autoload ‘wl “wl” “Wanderlust” t)
(autoload ‘wl-other-frame “wl” “Wanderlust on new frame.” t)
(autoload ‘wl-draft “wl-draft” “Write draft with Wanderlust.” t)

アイコンを置くディレクトリ

(setq wl-icon-directory “usr/share/pixmaps/wl“)

送信設定

ここでは,Gmailを使って送信するものとします.

その他のメール クライアントの設定 – Gmail ヘルプ を読み,

.wlに以下のような設定をします.

(setq wl-smtp-posting-server “smtp.gmail.com”)
(setq wl-smtp-posting-port 465)
(setq wl-smtp-posting-user “hoge.hoge@gmail.com”)
(setq wl-smtp-authenticate-type “login”)
(setq wl-smtp-connection-type ‘ssl)

Infoマニュアルを見ながらサーバとの接続をテストしてみました.

コードの解説をしてみます.

(setq wl-smtp-posting-server “smtp.gmail.com”)

メールを送信するSMTP サーバです.

(setq wl-smtp-posting-port 465)

メール送信時の SMTP ポート番号です.

port:465 とconnection type:’sslまたはport:587と

connection type:’starttlsの組合せが可能です.

ここでは最初からSSL通信する設定にしてみました.

(setq wl-smtp-posting-user “hoge.hoge@gmail.com”)

SMTP AUTHによる認証を行なうときのユーザ名です.

ダミーユーザです.

(setq wl-smtp-authenticate-type “login”)

SMTP AUTH による認証を行なうときの認証方式を文字列で指定します。

`cram-md5′, `digest-md5’はサーバから

‘No authentication mechanism available’と返され未サポート確認済です.

planは平文パスワードでloginはパスワードを符号化して送信します.

(setq wl-smtp-connection-type ‘ssl)

SMTP のコネクションをどのように張るか.

port:465を使うので’sslを指定しています.

`mail-user-agent’の設定

‘/etc/emacs/site-start.d/65wl-beta.el’には,

(autoload ‘wl-user-agent-compose “wl-draft” nil t)
(if (fboundp ‘define-mail-user-agent)
(define-mail-user-agent
‘wl-user-agent
‘wl-user-agent-compose
‘wl-draft-send
‘wl-draft-kill
‘mail-send-hook))

のように,WanderlustをEmacs上の標準メーラとして使う設定は

省かれています.もし,標準メーラとして使いたい場合は,

(if (boundp ‘mail-user-agent)
(setq mail-user-agent ‘wl-user-agent))
(if (boundp ‘read-mail-command)
(setq read-mail-command ‘wl))

という設定を.emacsに書く必要があります.

(‘/usr/share/doc/wl-beta/README.Debian’より)

Infoファイル

Top > Start Me Up > Minimal Settingsまで読了.

LINEで送る
Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。