はじめに

Emacs24.1の新機能であるpackageシステムについて調べようと 思っていましたが,まだ利用できるパッケージ数が少なくインストール したいパッケージもなかったので,Emacs24.1の環境構築について 書いていこうと思います.最初は日本語入力システムのDDSKKから.

インストール

SKK Openlab – DDSKK よりddskk-14.4.tar.gzをダウンロードしてください. 適当な所で展開します.

$ cd ddskk-14.4
$ make what-where EMACS=/usr/local/bin/emacs-24.1
$ sudo make install EMACS=/usr/local/bin/emacs-24.1

/usr/local/share/emacs/24.1/site-lisp/skkにインストールされます.

ロードパスの設定

/usr/local/share/emacs/24.1/site-lisp/はロードパスに含まれているので .emacsで設定は不要です.

.emacsの設定

(require ‘skk-autoloads)
(global-set-key “\C-x\C-j” ‘skk-mode)
(global-set-key “\C-xj” ‘skk-auto-fill-mode)
(global-set-key “\C-xt” ‘skk-tutorial)

;; SKK を起動していなくても、いつでも skk-isearch を使う
(add-hook ‘isearch-mode-hook ‘skk-isearch-mode-setup)
(add-hook ‘isearch-mode-end-hook ‘skk-isearch-mode-cleanup)

;; Org mode のときだけ句読点を変更したい
(add-hook ‘org-mode-hook
(lambda ()
(require ‘skk)
(setq skk-kutouten-type ‘en)))

;; 文章系のバッファを開いた時には自動的に英数モード(「SKK」モード)に入る
(let ((function #'(lambda ()
(require ‘skk)
(skk-latin-mode-on))))
(dolist (hook ‘(find-file-hooks
;; …
mail-setup-hook
message-setup-hook
wl-draft-mode-hook))
(add-hook hook function)))

.skkの設定

整理されていないので後日追加する.