Emacs24

Emacs 24.3をDebian Jessie amd64にソースからコンパイルしてインストールする方法

emacs-snapshotの20130618版にアップグレードしようとすると,

wl-betaパッケージのelファイルのコンパイルで失敗してアップグレード

できない状態になりました.そのため,しばらくソースからコンパイル

したEmacs24を使います.

環境とバージョン

  • Emacs: emacs-24.3.tar.gz
  • OS: Debian Jessie amd64

コンパイルに必要なソフトのインストール

apt-get install libgtk2.0-dev  libXpm-dev libjpeg8-dev libgif-dev libtiff4-dev libncurses5-dev libgtk-3-dev libgnutls-dev libselinux1-dev libmagick++-dev

ダウンロード

近くのGNUのミラーサイトからemacs-24.3.tar.gzをダウンロードしてください.

私はここからダウンロードしました.⇒ Index of /pub/GNU/emacs

コンパイル

  • ダウンロード後,適当な所に展開します.
tar zxvf emacs-24.3.tar.gz
  • configureスクリプトを走らせます.
./configure –with-x-toolkit=gtk3 –with-wide-int
  • コンパイルします.
make

インストール

ルートになるか,sudoコマンドでインストールします.

sudo make install

[Emacs]Emacs24.1にDDSKK14.4をインストールする

はじめに

Emacs24.1の新機能であるpackageシステムについて調べようと 思っていましたが,まだ利用できるパッケージ数が少なくインストール したいパッケージもなかったので,Emacs24.1の環境構築について 書いていこうと思います.最初は日本語入力システムのDDSKKから.

インストール

SKK Openlab – DDSKK よりddskk-14.4.tar.gzをダウンロードしてください. 適当な所で展開します.

$ cd ddskk-14.4
$ make what-where EMACS=/usr/local/bin/emacs-24.1
$ sudo make install EMACS=/usr/local/bin/emacs-24.1

/usr/local/share/emacs/24.1/site-lisp/skkにインストールされます.

ロードパスの設定

/usr/local/share/emacs/24.1/site-lisp/はロードパスに含まれているので .emacsで設定は不要です.

.emacsの設定

(require ‘skk-autoloads)
(global-set-key “\C-x\C-j” ‘skk-mode)
(global-set-key “\C-xj” ‘skk-auto-fill-mode)
(global-set-key “\C-xt” ‘skk-tutorial)

;; SKK を起動していなくても、いつでも skk-isearch を使う
(add-hook ‘isearch-mode-hook ‘skk-isearch-mode-setup)
(add-hook ‘isearch-mode-end-hook ‘skk-isearch-mode-cleanup)

;; Org mode のときだけ句読点を変更したい
(add-hook ‘org-mode-hook
(lambda ()
(require ‘skk)
(setq skk-kutouten-type ‘en)))

;; 文章系のバッファを開いた時には自動的に英数モード(「SKK」モード)に入る
(let ((function #'(lambda ()
(require ‘skk)
(skk-latin-mode-on))))
(dolist (hook ‘(find-file-hooks
;; …
mail-setup-hook
message-setup-hook
wl-draft-mode-hook))
(add-hook hook function)))

.skkの設定

整理されていないので後日追加する.

[Emacs]Emacs24.1を新機能付きでコンパイルする

はじめに

必要なライブラリを調べるために一つ一つやっていますが,めんどうな人は最後のまとめ のコマンドを入力するだけでいいです.

gtk3

以下のコマンドにより必要なライブラリをインストールします.

$ sudo apt-get install libgtk-3-dev

その後,

$ ./configure –with-x-toolkit=gtk3
$ make
$ sudo make install

でインストールできます.

GnuTLS

以下のコマンドにより必要なライブラリをインストールします.

$ sudo apt-get install libgnutls-dev

その後,

$ ./configure
$ make
$ sudo make install

でインストールできます.

SELinux

以下のコマンドにより必要なライブラリをインストールします.

$ sudo apt-get install libselinux1-dev

その後,

$ ./configure
$ make
$ sudo make install

でインストールできます.

ImageMagick

以下のコマンドにより必要なライブラリをインストールします.

$ sudo apt-get install libmagick++-dev

その後,

$ ./configure
$ make
$ sudo make install

でインストールできます.

libxml2

特にライブラリの追加インストールはありません.

$ ./configure
$ make
$ sudo make install

でインストールできます.

‘–with-wide-int’オプション

バッファサイズの制限が512MiBから2GiBになるので有効にします.

まとめ

前回の記事とあわせて,入力するコマンドは以下のようになります.

$ sudo apt-get install libgtk2-dev libXpm-dev libjpeg-dev libgif-dev libtiff4-dev libncurses5-dev libgtk-3-dev libgnutls-dev libselinux1-dev libmagick++-dev
$ ./configure –with-x-toolkit=gtk3 –with-wide-int
$ make
$ sudo make install

[Emacs]Emacs24.1をUbuntuにインストールする

Emacs24.1が出たので,Ubuntu12.04LTSにインストールしてみました.

ダウンロード

近くのGNUのミラーサイトからemacs-24.1.tar.bz2をダウンロードしてください.

私は,Index of /pub/GNU からダウンロードしました.

ダウンロードしたら適当なところで展開します.

コンパイルに必要なソフトのインストール

展開したディレクトリemacs-24.1の中にあるINSTALLを読みます.

まず,

./configure

とコマンドを打ちます.すると,Xのツールキットがないとエラーメッセージが出てきます.

INSTALLによるとGtk+は2.6以上が必要と書いてあるので,インストールします.

$ sudo apt-get install libgtk2-dev

再度,コマンドを打ちます.

./configure

これで,gtk関連のエラーは出なくなります.

次に出てきたエラーが画像関連のライブラリがないというエラーなので

sudo apt-get install libXpm-dev libjpeg-dev libgif-dev libtiff4-dev

とコマンドを打ち,ライブラリをインストールします.

今度は,tputsを含んでいるライブラリがないとエラーが出るので,

sudo apt-get install libncurses5-dev

と打ち込みます.

コンパイル

$ make

と打ちこみます.

インストール

$ sudo make install

configureオプション等INSTALLにいろいろ書いてあるので設定したい人は読んでみてください.

まとめ

以上のコマンドをまとめておきます.

$ sudo apt-get install libgtk2-dev libXpm-dev libjpeg-dev libgif-dev libtiff4-dev libncurses5-dev
$ ./configure
$ make
$ sudo make install

Emacs24 SnapshotをDebian wheezy(testing)にインストールする方法

 

emacs-snapshot Debian packages のページに説明は書いてありますが, ここでも手順を書いておきます.

キーをインポートします

$ wget -q -O – http://emacs.naquadah.org/key.gpg | sudo apt-key add –

/etc/apt-sources.listにスナップショットのリポジトリを加えます

deb http://emacs.naquadah.org/ unstable/
deb-src http://emacs.naquadah.org/ unstable/

wheezy(testing)ですが,testingの パッケージがないためunstableをインストールします.

パッケージデータベースをアップデートします.

$ sudo aptitude update

emacs-snapshotをインストールします

$ sudo aptitude install emacs-snapshot