emacs

バッファメニュー on Emacs24

Ibufferとは

IbufferはBufferMenuにかわるDiredと同じようにバッファを操作できる モードです. Ibufferにはハイライトしたりさまざまなレイアウトにする機能があります. Emacs24の一部です.

.emacsの設定

(global-set-key (kbd “C-x C-b”) ‘ibuffer)
(autoload ‘ibuffer “ibuffer” “List buffers.” t)

アスタリスクで始まるバッファを隠す

私は設定していませんが,アスタリスクで始まるバッファを隠すことができます.

(require ‘ibuf-ext)
(add-to-list ‘ibuffer-never-show-predicates “^\\*”)

フィルターグループの設定

フィルターの設定をすることで,バッファをグループ化できます.

(setq ibuffer-saved-filter-groups
‘((“home”
(“emacs-config” (or (filename . “.emacs.d”)
(filename . “emacs-config”)))
(“tsutomuonoda.com” (filename . “tsutomuonoda”))
(“Org” (or (mode . org-mode)
(filename . “OrgMode”)))
(“Mail”
(or
(mode . wl-folder-mode)
(mode . wl-summary-mode)
(mode . wl-draft-mode)
(mode . mew-summary-mode)
(mode . mew-draft-mode)
))
(“R” (or
(mode . ess-mode)
(filename . “EssMode”)))
(“LaTeX”
(or
(mode . latex-mode)
(filename . “LaTeXMode”)))
(“Text” (name . “.txt”))
(“Programming”
(or
(mode . c-mode)
(mode . perl-mode)
(mode . python-mode)
(mode . emacs-lisp-mode)
;; etc
))
(“Web Dev” (or (mode . html-mode)
(mode . css-mode)))
(“Dired” (mode . dired-mode))
(“Egg” (name . “\*Egg”))
(“Help” (or (name . “\*Help\*”)
(name . “\*Apropos\*”)
(name . “\*info\*”))))))

その他の有益なオプション

空のフィルターグループを隠す

(setq ibuffer-show-empty-filter-groups nil)

自動でバッファリストをアップデートする

これは,フックの中に入れています.

(ibuffer-auto-mode 1)

フック

(add-hook ‘ibuffer-mode-hook
‘(lambda ()
(ibuffer-auto-mode 1)
(ibuffer-switch-to-saved-filter-groups “home”)))

英辞郎をSDICで使う

はじめに

SDICのインストール,設定は以前書いた記事を参照してください.

Emacs上で英和和英辞書を引くためのソフトSDICをインストール・設定する

英辞郎の購入

ダウンロードする

上記のサイトからリンクをクリックし,購入しておいてください.

解凍

ダウンロードした英辞郎の圧縮ファイルを解凍します.

コマンド

unzip EDP-135.zip

ファイル名はおそらく英辞郎のバージョンにより異なるでしょう.

私がダウンロードしたのはVer.135(2012年9月5日版)です.

sdic-eijiro

英辞郎のファイルを変換するsdic-eijiroをインストールします.

コマンド

apt-get install sdic-eijiro

ディレクトリ

英辞郎の辞書ファイルのあるディレクトリを指定します.

手動で和英辞書を作る

Building /usr/share/dict/eijiro.sdic (from /home/onoben/tmp/EIJIRO/RYAKU135.TXT) … done.
Building /usr/share/dict/waeijiro.sdic …

インストール後辞書変換処理の途中,この状態で 止まってしまったので,手動でwaeijiro.sdicファイルを作成しました.

コマンド

nkf -S -e WAEI-135.TXT | perl /usr/share/sdic/eijiro.pl –waei > /tmp/waeijiro.sdic
mv /tmp/waeijiro.sdic /usr/share/dict/waeijiro.sdic

参考ドキュメント

‘/usr/share/sdic/eijiro.pl’のコメント

Emacs上で英和和英辞書を引くためのソフトSDICをインストール・設定する

はじめに

SDICはEmacs上で英和・和英辞書を引くためのソフトウェアです.

Emacs interface for Japanese dictionaries
This package provides an Emacs-Lisp viewer for English-Japanese
and Japanese-English dictionaries.

辞書データとしてフリーな英和辞書GENE95,和英辞書EDICTを使います.

これらの辞書を導入するパッケージも一緒にインストールします.

環境とバージョン

  • OS:Debian Wheezy amd64
  • Emacs:emacs-snapshot_20121122-1_amd64
  • sdic-edict:sdic-edict_2.1.3-22_all
  • sdic-gene95:sdic-gene95_2.1.3-22_all

インストール

コマンド

apt-get install sdic sdic-edict sdic-gene95

パッケージリストを読み込んでいます… 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています… 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
edict
提案パッケージ:
sdic-eijiro kakasi
推奨パッケージ:
sufary
以下のパッケージが新たにインストールされます:
edict sdic sdic-edict sdic-gene95
アップグレード: 0 個、新規インストール: 4 個、削除: 0 個、保留: 7 個。
4,697 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 14.1 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?

そのまま,[Y]と答えてください.

設定

.emacsファイルに以下のコードを記述します.

(global-set-key “\C-cw” ‘sdic-describe-word)
(global-set-key “\C-cW” ‘sdic-describe-word-at-point)

使い方

まず,”M-x sdic”または”\C-cw”と入力します.

ミニバッファにInput Word:とプロンプトが表示されます.

ここに何か単語を入力します.そうすると検索結果が返ってきます.

次に,意味がわからない単語にカーソルを合せて,

“C-cW”と叩くと,すぐ結果が別ウィンドウで表示されます.

キーバインド

key binding 説明
ESC Prefix Command プレフィックスキー
SPC scroll-up 前方へスクロールする
< sdic-goto-point-min 先頭へ移動する
> sdic-goto-point-max 終端へ移動する
? describe-mode モード説明
Q sdic-exit SDICを終了する
b scroll-down 後方へスクロールする
h backward-char カーソルを後方へ移動
j next-line 次の行へ移動
k previous-line 前の行へ移動
l forward-char カーソルを前方へ移動
n sdic-forward-item 次の項目へ移動
o sdic-other-window 他のウィンドウへ移動
p sdic-backward-item 前の項目へ移動
q sdic-close-window SDICのウィンドウを閉じる
w sdic-describe-word 新たな単語を検索
DEL scroll-down 後方へスクロールする
<backspace> scroll-down 後方へスクロールする
<delete> scroll-down 後方へスクロールする
C-M-i sdic-backward-item 前の項目へ移動

TypeScript.el 0.1をEmacs24にインストールする

EmacsのDebianパッケージはemacs-snapshotでバージョンは24.2.50.1です.

ダウンロード

Sublime Text, Vi, Emacs: TypeScript enabled! – Interoperability @ Microsoft – Site Home – MSDN Blogs からtypescript_support_for_emacs.zipをダウンロードします.

インストール

typescript_support_for_emacs.zipを展開してできたディレクトリにあるTypeScript.elを ロードパスの通っているところにtypescript.elというファイル名にして置きます.

.emacsの設定

拡張子がtsのファイルはtypescriptモードで開いて欲しいので以下のような記述を.emacsに 書きます.

(autoload ‘typescript-mode “typescript” nil t)

(add-to-list ‘auto-mode-alist ‘(“\\.ts\\'” . typescript-mode))

MewのSMTPサーバの設定 on Emacs24

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:24.2.50.1(emacs-snapshotをインストール)

Mew:7.0.50~6.5~rc2+0.20120405-1(mew-betaをインストール)

.emacsの設定

(autoload ‘mew “mew” nil t)
(autoload ‘mew-send “mew” nil t)

SMTPサーバの設定

以下はすべて.mew.elに書きます. Wanderlustの時と同じく,サーバはGmailです.

SMTP Server

(setq mew-smtp-server “smtp.gmail.com”)

SMTPのポート番号

(setq mew-smtp-port 25)

SMTP over SSLを使うので意味なし.

SMTP over SSLを使うか

(setq mew-smtp-ssl t)

SMTP over SSL のポート番号

(setq mew-smtp-ssl-port 465)

SMTP AUTH で利用されるアカウント名

(setq mew-smtp-user “hogehoge@gmail.com”)

ダミーアカウントです.

SMTP AUTH で利用する認証方式のリスト

(setq mew-smtp-auth-list ‘(“LOGIN” “CRAM-MD5” “PLAIN”))

3つ書いてありますが,Wanderlustの時調べたように,

サーバはLOGIN認証しか受け付けてくれません.

なので,一番左に書いておきます.

[Emacs]Wanderlustのドラフト設定

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

ドラフトの設定

デフォルトからの変更分のみです.

例のメアドはダミーです.

(setq wl-fcc “%[Gmail]/送信済みメール”)
(setq wl-fcc-force-as-read t)
(setq wl-bcc “hogehoge.backup@example.com”)
(setq wl-draft-folder “%[Gmail]/下書き”)
(setq wl-message-id-domain “hogehoge.example.com”)

コードの解説

(setq wl-fcc “%[Gmail]/送信済みメール”)

Folder Carbon Copyの設定.

設定された値をドラフトの `Fcc:’ として最初から挿入します.

(setq wl-fcc-force-as-read t)

Fccで保存したメールを既読にします.

(setq wl-bcc “hogehoge.backup@example.com”)

Web Mail Carbon Copyの設定.

設定された値をドラフトの `Bcc:’ として最初から挿入します.

(setq wl-draft-folder “%[Gmail]/下書き”)

ドラフトフォルダの設定です.

(setq wl-message-id-domain “hogehoge.example.com”)

Message-ID のドメインパートを強制的に指定します.

グローバルな IP アドレスを持たない場合など,

ドメインパートを決められない場合は,

一意な文字列(例えば,メールアドレスなど) を設定します.

Infoファイル

(wl-ja)Top > Draft > Variables of Draft Modeまで読了.

[Emacs]EmacsでXIMを無効にする方法

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

.Xresoucesの設定

Emacs*useXIM: false

を追加し,コマンドラインで

xrdb ~/.Xresouces

備考

これで,Gnome3ではEmacs上でXIMが無効化されましたが,

KDEでは以前 Gnome3からKDEへの変更 で書いたような設定が必要です.

KDEは.Xresoucesを読んでいないのでしょうか.