elisp

[Emacs]Wanderlustのサマリモードの設定

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

サマリモードの設定

デフォルトから変更した設定.

(setq wl-auto-select-first t)
(setq wl-auto-select-next ‘skip-no-unread)
(setq wl-folder-move-cur-folder t)

コードの説明

(setq wl-auto-select-first t)

フォルダに移動した時に最初のメッセージを自動的に表示する.

(setq wl-auto-select-next ‘skip-no-unread)

サマリに未読メッセージがなくなった時の動作を指定.

スペースキーでひたすら読み進めたいので’skip-no-unreadを指定.

‘skip-no-unread:次の未読ありのフォルダに行くか尋ねる。

移動した先で未読がなくなった場合には、自動的に次のフォルダに行く。

(setq wl-folder-move-cur-folder t)

サマリで他のフォルダに移動するとフォル

ダモードでのカーソル位置も合わせて移動します。

Infoファイル

(wl-ja)Top > Summary > Variables of Summaryまで読了.

[Emacs]Wanderlustのメッセージバッファの設定

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

メッセージバッファの設定

デフォルトより変更した設定です.

(setq wl-message-window-size ‘(1 . 3))
(setq wl-message-ignored-field-list ‘( “^.*” ))
(setq wl-message-visible-field-list ‘(“^X-Face:” “^To:” “^Date:”
“^From:” “^Subject:” “^Cc:”
“^Replay-To:”))
(setq wl-message-sort-field-list ‘(“^Date:” “^From:” “^Subject:” “^To:” “^Cc:” “^Replay-To:”))

コードの解説

(setq wl-message-window-size ‘(1 . 3))

ウィンドウサイズをサマリ:メッセージ = 1:3の比にします.

(setq wl-message-ignored-field-list ‘( “^.*” ))

隠したいヘッダの設定です.

表示したいヘッダだけにしたいのでいったんすべて非表示にします.

(setq wl-message-visible-field-list ‘(“^X-Face:” “^To:” “^Date:” “^From:” “^Subject:” “^Cc:” “^Replay-To:”))

表示するヘッダの設定です.

上記’wl-message-ignored-field-list’ より優先されます.

(setq wl-message-sort-field-list ‘(“^Date:” “^From:” “^Subject:” “^To:” “^Cc:” “^Replay-To:”))

メッセージバッファに表示するヘッダフィールドの

順番を正規表現のリストで指定します.

Infoファイル

(wl-ja)Top > Messageまで読了.

[Emacs]Wanderlustのドラフト設定

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

ドラフトの設定

デフォルトからの変更分のみです.

例のメアドはダミーです.

(setq wl-fcc “%[Gmail]/送信済みメール”)
(setq wl-fcc-force-as-read t)
(setq wl-bcc “hogehoge.backup@example.com”)
(setq wl-draft-folder “%[Gmail]/下書き”)
(setq wl-message-id-domain “hogehoge.example.com”)

コードの解説

(setq wl-fcc “%[Gmail]/送信済みメール”)

Folder Carbon Copyの設定.

設定された値をドラフトの `Fcc:’ として最初から挿入します.

(setq wl-fcc-force-as-read t)

Fccで保存したメールを既読にします.

(setq wl-bcc “hogehoge.backup@example.com”)

Web Mail Carbon Copyの設定.

設定された値をドラフトの `Bcc:’ として最初から挿入します.

(setq wl-draft-folder “%[Gmail]/下書き”)

ドラフトフォルダの設定です.

(setq wl-message-id-domain “hogehoge.example.com”)

Message-ID のドメインパートを強制的に指定します.

グローバルな IP アドレスを持たない場合など,

ドメインパートを決められない場合は,

一意な文字列(例えば,メールアドレスなど) を設定します.

Infoファイル

(wl-ja)Top > Draft > Variables of Draft Modeまで読了.

[Emacs]Wanderlustでhtmlメールを読む設定

 

mime-w3m.el

メッセージのhtmlパートを表示するのに必要なelパッケージです.

もし,w3m-elパッケージをインストールしていない場合は,

apt-get install w3m-el

でインストールします.

‘/usr/share/emacs/site-lisp/w3m’にmime-w3m.elがあるので

先頭のコメントどうりに,.emacsか.wlに

(require ‘mime-w3m)

を追記します.

Infoファイル

最後まで読了.