2012年 10月 の投稿一覧

[Emacs]org2blogのインストール

はじめに

EmacsからWordPressで作ったブログに記事を投稿したかったのでorg2blogをインストールします.必要なorg-modeやxml-rpc.el はインストールされているものとします.

インストール

コマンドラインから

git clone http://github.com/punchagan/org2blog.git

.emacsに

(setq load-path (cons “~/.emacs.d/org2blog/” load-path))

(require ‘org2blog-autoloads)

と書きます.

設定

.emacsに

(setq org2blog/wp-blog-alist

‘((“wordpress” :url “http://username.wordpress.com/xmlrpc.php”

:username “username”

:default-title “Hello World”

:default-categories (“org2blog” “emacs”)

:tags-as-categories nil)

(“my-blog” :url “http://username.server.com/xmlrpc.php”

:username “admin”)))

のように設定を書きます.

雑感

まだインストールしたばかりなのでドラフトとして投稿しています. 追々カスタマイズしていく予定です.

[Emacs]Org Modeに関するまとめ・リンク集

1 はじめに

Emacsのorg-modeを設定したのでその備忘録.

2 設定

まずは,オフィシャルサイト.

Org: あなたの生活をプレーンテキストで

英語ですが,ドキュメントにあるコンパクトガイドを読み,その後必要に応じて
マニュアルを参照すればよいでしょう.日本語訳は日本語マニュアル
翻訳チームの方々がVersion7.5までの翻訳をされていますので
そちらのリンクを参照してください.

org-mode – Wikipedia, the free encyclopedia

Wikipediaにあるorg-modeの解説.

3 カスタマイズ

brool » Blog Archive » Using Org Mode with GTD

Org Modeを使ってGTDをやるための設定がていねいに書かれています.

How I use Emacs and Org-mode to implement GTD

こちらもGTDのやり方が書かれたサイト.

emacs-fu: nice-looking pdfs with org-mode and xetex

こちらは,Org ModeとLaTeX.texファイルはそのままyatex modeで書くので
Org Modeからエクスポートすることはないのですが,参考までに.

4 ドキュメント

org-mode-doc-ja

有志の方々がVer7.5のマニュアルを翻訳されています.html,pdf,texi各種
あります.感謝.

$ cheat orgmode

いわゆるチートシート.

Org-mode による HTML 文書作成入門

日本語による入門ドキュメント.最後の方にドキュメントのソースがダウンロード
できるので読むとよいです.

EmacsWiki: Org Mode

EmacsWikiのOrg Modeの解説.カスタマイズ,アドオンへのリンク等情報豊富.

Org Mode – Organize Your Life In Plain Text!

Org Modeをパーソナルインフォメーションマネージャーとして使い倒している人
が書いたドキュメント.まずその量に圧倒される.アウトプットの効率化からスケ
ジュール管理まで何でも書いてあります.

[まとめ]Twitterクライアントtwittering-modeのリンク集

1 はじめに

Emacs上で動くTwitterクライアントtwittering-modeが便利なので
リンクをまとめてみました.

2 公式HP,ダウンロードなど

まずは公式サイトから.

Twittering-mode

ダウンロードはこちらから.

twittering-mode – Browse Files at SourceForge.net

GitHubレポジトリはこちら.

hayamiz/twittering-mode – GitHub

Emacs23でTwitterを使う

1 はじめに

emacsでtwitterをする方法を探していたところ,twittering-mode
というelispを見つけたのでそのインストールと設定をメモします.
Emacsのバージョンは23です.

2 インストール

2.1 load-path追加

/home/hogehoge/elisp以下にtwittering-mode-X.X.X.tar.gzを展開
したとすると
ディレクトリ/home/hogehoge/elisp/twittering-mode-X.X.X/
を.emacsに次の内容で追加する:

(add-to-list 'load-path "/home/hogehoge/elisp/twittering-mode-X.X.X")

2.2 SSL通信のためのソフトをインストールしておく

cURL、gnutls、opensslのどれか.今回はすでにインストール済だったため省略.

3 Emacsの設定

.emcsに以下の内容を追加する.

(require 'twittering-mode)

4 twittering-modeを起動

`M-x twit`を実行

ここで,自分のEmacsではbrowser-urlで開くか聞いてくるが,noを
選択し画面に表示されているURLをコピーしてfirefoxで認証ページ
を開いた.どうしてかEmacs-w3mでは認証ページを開けない.その
後,ミニバッファにPINコードを入力する.

認証に成功し,Twitterのタイムラインが表示された.

5 twittering-modeのカスタマイズ

認証済みaccess tokenをGnuPGで暗号化して保存する
(setq twittering-use-master-password t)

アイコン表示
(setq twittering-icon-mode t)

タイムラインを5分(300秒)間隔で更新
(setq twittering-timer-interval 300)

アイコン取得時の情報表示をデフォルトで抑制
(setq twittering-url-show-status nil)

アイコン画像を保存する
(setq twittering-use-icon-storage t)

全てのアイコンを保存する
(setq twittering-icon-storage-limit nil)

最初に開くタイムラインを設定する
(setq twittering-initial-timeline-spec-string
'(":replies"
":favorites"
":directmessages"
":home"))

[Haskell][Emacs]Haskellの開発環境構築

はじめに

インストール環境は以下のとうりです.

OS:Ubuntu12.04LTS

Emacs:24.1.1

GHCのインストール

$ sudo apt-get install ghc
$ ghc -V
The Glorious Glasgow Haskell Compilation System, version 7.4.1

Emacsの設定

  • haskell-modeのインストール
    現在,haskell-modeはgithubで開発されているので,

    $ cd lib/elisp
    $ git clone git://github.com/haskell/haskell-mode.git

  • .emacsファイルの設定

    (load “~/lib/elisp/haskell-mode/haskell-site-file”)
    (add-hook ‘haskell-mode-hook ‘turn-on-haskell-doc-mode)
    (add-hook ‘haskell-mode-hook ‘turn-on-haskell-indentation)
    ;;(add-hook ‘haskell-mode-hook ‘turn-on-haskell-indent)
    ;;(add-hook ‘haskell-mode-hook ‘turn-on-haskell-simple-indent)

[OCaml]Emacsでの開発環境の構築

はじめに

設定した環境は以下のとうりです.

OS:Debian GNU/Linux 6.0.5

Emacs:23.2.1

OCamlのインストール

# apt-get install ocaml

tuareg-modeとocaml-modeのインストール

# apt-get install tuareg-mode ocaml-mode

ocaml_flycheck.plのインストール

EmacsWiki: Flymake Ocaml にあるPerlスクリプトocaml_flyckeck.plを

exec-pathの通っているところに置きます.

exec-pathの確認の仕方は,

M-x describe-variable [Return] exec-path [Return]

です.

ocaml-mode,tuareg-mode,flymakeの設定

開発環境 – OCaml.jp にある ocaml.elをダウンロードし .emacsにコピーしてください.

スクリーンショット

[Emacs]Procedでプロセス管理をする

Proced(Eamcs23に同梱)でEmacs内からプロセス管理ができます.

  • 起動

    M-x proced

  • ドキュメント

    C-h m

  • 代表的なコマンド

    key binding
    — ——-

    RET proced-refine
    C-n next-line
    C-p previous-line
    SPC next-line

    • negative-argument

    0 .. 9 digit-argument
    < beginning-of-buffer
    > end-of-buffer
    ? proced-help
    C proced-mark-children
    F proced-format-interactive
    M proced-mark-all
    P proced-mark-parents
    T proced-toggle-tree
    U proced-unmark-all
    d proced-mark
    f proced-filter-interactive
    g revert-buffer
    h describe-mode
    k proced-send-signal
    m proced-mark
    n next-line
    o proced-omit-processes
    p previous-line
    q quit-window
    s Prefix Command
    t proced-toggle-marks
    u proced-unmark
    x proced-send-signal
    DEL proced-unmark-backward
    <down> next-line
    <header-line> Prefix Command
    <mouse-2> proced-refine
    <remap> Prefix Command
    <up> previous-line

    <remap> <advertised-undo> proced-undo
    <remap> <undo> proced-undo

    <header-line> <mouse-1> proced-sort-header
    <header-line> <mouse-2> proced-sort-header

    s S proced-sort-interactive
    s c proced-sort-pcpu
    s m proced-sort-pmem
    s p proced-sort-pid
    s s proced-sort-start
    s t proced-sort-time
    s u proced-sort-user

スクリーンショット

参考リンク

Process Management in Emacs with proced

[Emacs]Wanderlustのインストール

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

インストール

DebianでWanderlustの開発版をインストールします.

apt-get install wl-beta

SSL (Secure Socket Layer) の利用

‘/usr/share/doc/wl-beta/README.Debian’を読むと,

sslを利用するためにはgnutls-binとca-certificates

パッケージをインストールする必要があります.

‘/etc/emacs/site-start.d/65wl-beta.el’に

ssl-program-name変数にopensslのかわりにgnutls-cliが

ssl-program-arguments変数にverify certificatesが

設定されています.

以下が該当箇所です.

(setq ssl-program-name “gnutls-cli”)
(setq ssl-program-arguments
‘(“–port” service
“–x509cafile” “/etc/ssl/certs/ca-certificates.crt”
host))

gnutls-binとca-certificatesパッケージのインストール

すでにインストールされていましたが,コマンドは以下のとうりです.

apt-get install gnutls-bin ca-certificates

Infoファイル

Top > Start Me Up > Installまで読了.

[Emacs]Wanderlustの最小設定と送信設定

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

最小設定

以下の’autoload の設定’,’アイコンを置くディレクトリ’は

‘/etc/emacs/site-start.d/65wl-beta.el’にすでに設定が

書かれているので設定不要です.

autoload の設定

(autoload ‘wl “wl” “Wanderlust” t)
(autoload ‘wl-other-frame “wl” “Wanderlust on new frame.” t)
(autoload ‘wl-draft “wl-draft” “Write draft with Wanderlust.” t)

アイコンを置くディレクトリ

(setq wl-icon-directory “usr/share/pixmaps/wl“)

送信設定

ここでは,Gmailを使って送信するものとします.

その他のメール クライアントの設定 – Gmail ヘルプ を読み,

.wlに以下のような設定をします.

(setq wl-smtp-posting-server “smtp.gmail.com”)
(setq wl-smtp-posting-port 465)
(setq wl-smtp-posting-user “hoge.hoge@gmail.com”)
(setq wl-smtp-authenticate-type “login”)
(setq wl-smtp-connection-type ‘ssl)

Infoマニュアルを見ながらサーバとの接続をテストしてみました.

コードの解説をしてみます.

(setq wl-smtp-posting-server “smtp.gmail.com”)

メールを送信するSMTP サーバです.

(setq wl-smtp-posting-port 465)

メール送信時の SMTP ポート番号です.

port:465 とconnection type:’sslまたはport:587と

connection type:’starttlsの組合せが可能です.

ここでは最初からSSL通信する設定にしてみました.

(setq wl-smtp-posting-user “hoge.hoge@gmail.com”)

SMTP AUTHによる認証を行なうときのユーザ名です.

ダミーユーザです.

(setq wl-smtp-authenticate-type “login”)

SMTP AUTH による認証を行なうときの認証方式を文字列で指定します。

`cram-md5′, `digest-md5’はサーバから

‘No authentication mechanism available’と返され未サポート確認済です.

planは平文パスワードでloginはパスワードを符号化して送信します.

(setq wl-smtp-connection-type ‘ssl)

SMTP のコネクションをどのように張るか.

port:465を使うので’sslを指定しています.

`mail-user-agent’の設定

‘/etc/emacs/site-start.d/65wl-beta.el’には,

(autoload ‘wl-user-agent-compose “wl-draft” nil t)
(if (fboundp ‘define-mail-user-agent)
(define-mail-user-agent
‘wl-user-agent
‘wl-user-agent-compose
‘wl-draft-send
‘wl-draft-kill
‘mail-send-hook))

のように,WanderlustをEmacs上の標準メーラとして使う設定は

省かれています.もし,標準メーラとして使いたい場合は,

(if (boundp ‘mail-user-agent)
(setq mail-user-agent ‘wl-user-agent))
(if (boundp ‘read-mail-command)
(setq read-mail-command ‘wl))

という設定を.emacsに書く必要があります.

(‘/usr/share/doc/wl-beta/README.Debian’より)

Infoファイル

Top > Start Me Up > Minimal Settingsまで読了.

[Emacs]Wanderlustの受信(IMAP)設定

 

環境

OS:Debian Wheezy amd64

Emacs:23.4.1

Wanderlust:2.15.9

受信(IMAP)設定

.wlに以下の設定を書きます.(Gmailを利用する場合)

(setq elmo-imap4-default-user “hogehoge@gmail.com”)
(setq elmo-imap4-default-authenticate-type ‘clear)
(setq elmo-imap4-default-server “imap.gmail.com”)
(setq elmo-imap4-default-port 993)
(setq elmo-imap4-default-stream-type ‘ssl)

コードの解説をします.

(setq elmo-imap4-default-user “hogehoge@gmail.com”)

ユーザ名を設定します.

(setq elmo-imap4-default-authenticate-type ‘clear)

認証法を指定します.’clear以外の認証法

`cram-md5′ (CRAM-MD5 による認証)と

`digest-md5′ (DIGEST-MD5 による認証)はサーバ未対応.

`login’ (エンコードしてパスワードを送信)は

‘Authetication is failed byte-code:

Login failed: elmo-imap4-auth-login’ というエラーが返ってきます.

SSLでコネクションを張るので生パスワードでも大丈夫でしょう.

(setq elmo-imap4-default-server “imap.gmail.com”)

ホスト名を指定します.

(setq elmo-imap4-default-port 993)

ポート番号を指定します.

(setq elmo-imap4-default-stream-type ‘ssl)

IMAPのコネクションをどのように張るかを指定します.